ジェット戦闘機はその性質上、すべての部品に小型軽量化が求められる。部品同志をつなぐネジも、それは例外ではない。そんな力のかかりにくい小さなネジにも、確実に必要なトルクをかけられることが重要です。だからアメリカ軍も工具に対しては厳しい目を持っている。 その要件を満たすインポートブランド工具のひとつとして認められているのが、スナップ・オンだ。 独自の技術でナットヘッドとレンチの作用点の最適化をはかり、ナットの張力を犠牲にせずに締め付ける力を保つことが可能、日常、なにげなく使うレンチにさえ、これだけの技術が詰め込まれている。さらに鏡面仕上げは光のあたる角度によって、見せる表情を変えて、手にする人の心を魅了します。作業する満足と所有する快感が得られる。それがスナップ・オンのもっとも大きな特徴です。

いまやスタンレーゲルグループの工具部門の中核を担う、インポートブランド工具のマック・ツール・1938年、アメリカオハイオ州の片田舎でハンドツールとして生まれた。のちに、ソケット製造の名人クレム・プールと、ハンドツール歴20年のルイス・ダラーが、マック・ツールのメンバーになることによって、たしかな技術を得た。 そして合併を重ねることによって、ツールとしてのバリエーションや販路を拡大。時間をかけて大きくなりながらアメリカの人々の信用を勝ち取って、プロのメカニックにも信頼のブランドとして認知・支持されていった。

Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)
このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

今日のアパレル業界は、グローバル化の推進により、海外のインポートブランドが日本市場で競争しながら、日本企業のグローバル進出が提唱されつ つあります。また業界のボーダーレス化の進行に伴い、ファッション事業は、アパレルから服飾雑貨、インテリアへと広がっていて、ますます生活文化提 案産業の色合いが濃くなりつつある。 インポーターとは一般に、輸入専門の商社のことですが、海外インポートブランドが広く拡大していない1980年代、この存在はきわめて大きかった。日本 古来の商習慣や多段階流通構造などの非関税障壁を解消するため、海外インポートブランドはインポーターなどの輸入事業者と総代理店契約により国内市 場に進出してきたわけです。

しかし近年では、海外旅行の大衆化、IT革命、さらには経済の拡大化などのおかげで、消費者が海外ファッション街情報に熟知するようになってき て、インポーターはもちろん一層の目利き能力が求められてきているわけです。 有名なインポートブランドのデザイナーの中には、資本家と結びついたり、事業のパートナーと共に活動したりして、世界的に活躍した例も数ある。クリ エイターの売り出しを切り盛りして実業界の足場を固めていった例も数多く聞く。

クリエイターの発送やデザインコンセプトをよく理解したうえでそれを分かりやすく消費者に理解させ、購買意欲を刺激していくかをマネジメントか ら検証し、ブランド戦略を作っていったわけだ。

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。